期間 2015年2月27日 〜 4月19日


スズキリのCITY LIFE!

21歳という若さで、ロゴやアプリ、パッケージなど様々なデザインを手掛けるデザイナーのスズキリさん。きっかけは、SNSで発信していたネタ画像だというから驚きだ。「高校生の頃、自分で面白いと思う写真をあげていたら、なぜかコスメ会社の人から、パッケージのデザインの依頼が来たんです」。高校時代に、学校でデザインの基礎を勉強していたスズキリさんは、仕事をこなすことで、才能がさらに開花。現在はライフワークである釣りに関するサービスのデザインを担当するまでになった。オモシロいことへのセンサーが人一倍敏感なスズキリさんだからこそ、遊びが仕事へと繋がっていったんだね。

釣りを愛する若きデザイナー

スズキリ

先輩(21)

デザイナー

東京都出身。高校生の頃、SNSで発信していたネタ画像をきっかけに、デザイナーに。ライフワークは釣り。

スズキリのスタイリング
  • リネンステンカラーコート
    ¥6990 BUY
  • ボタニカルプリントプルオーバー
    ¥2990 BUY
  • ジャパンファブリックデニム
    ¥3900 BUY

スズキリのライフスタイルインタビュー

好きな場所

現在は、大学に通いながら渋谷にシェアオフィスを借り仕事をしているスズキリさん。「このカフェには、仕事の先輩や友達が集まっていて、なにかしら“面白いこと”が起きているのでよく来ています。あとは、大学で勝手に釣り部を結成して、仲間を連れて釣りに行くのが息抜きになってますね」。魚を食べるのが苦手だったスズキリさんは、釣った魚を自分で捌いて、魚が好きになったという。都心とアウトドアを自由自在に行き来する本物の都会っ子。

factory(ファクトリー)
http://factory.cr/

お気に入りのアイテム

デザインを生業にしているから、釣りの道具もこだわる。「ルアーにしても、簡単に釣れるものではなく、『本当にこれで釣れるの?』というちょっと変なデザインのものを選びます。その方が喜びが大きいので! 釣りのアイテムはデザインがカッコいいものが多いので、道具好きな男性はきっとハマるはずですよ」。最後に見せてくれたのは、なんと“寿司になるクラッチバック”。「知り合いに頼まれて製作しました。僕のHPでも通信販売しているので是非(笑)」。


 


 










_